仕事のストレスを解消するには?5つの解決方法と原因を徹底解説 | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

仕事のストレスを解消するには?5つの解決方法と原因を徹底解説

「仕事のストレスがやばい。」
「どうしたらストレスが減るのだろう?」
「ストレスで頭が痛い…。」

仕事をする上で、上手に付き合っていかないといけないストレス。

上記のように、仕事でのストレスの解消法に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

仕事のストレスを解消するには、根本的な原因を見つけて適切な解決方法を見つけることが大切です。

そこでこの記事では、仕事にストレスを感じてしまう原因や解決方法などについて詳しく解説していきます。

この記事を読めば、仕事のストレスを解消させる糸口が見つかるはずです。

仕事へのストレスを多くの人が抱えている

仕事へのストレスをどれくらいの人が抱えているのでしょうか?

実は、社会で働く半分以上もの人が仕事へのストレスを感じています。

厚生労働省が公表した、「平成30年労働安全衛生調査(実態調査)結果の概況」によると、労働者の58%が仕事に強いストレスを感じていることがわかりました。

ストレスを感じる度合いは、年齢や任される責任の重さによっても変わります。

年代別のストレスの大きさはどのように変化するのでしょうか。

ここからは、

  • 年代・男女別の強いストレスを感じている割合
  • 年代・男女別の強いストレスを感じている仕事内容の割合

について順番にみていきましょう。

【年代別|仕事にストレスを感じている人の割合】

年代別 強いストレスを感じている割合
20歳未満 38%
20代 57%
30代 64%
40代 60%
50代 60%
60歳以上 40%

ストレスを感じている年代のランキングは以下の通りです。

  • 1位:30〜39歳の64.4%
  • 2位:40〜49歳の59.4%
  • 3位:20〜29歳の57.6%

1位の30〜39歳は、仕事に加えて、結婚や子育てなどの経験をすることが最も多い世代です。

ワークライフバランスを上手くとっていくことが必要な世代であるため。最もストレスを多く感じるのでしょう。

【男女別|仕事にストレスを感じている人の割合】

男女でのストレスの差をみてみると、男性の方が5%ほどストレス指数が高いことがわかります。

男性 女性
1位 仕事内容や作業量
59%
仕事内容や作業量
60%
2位 仕事での失敗や責任など
36%
対人関係
33%
3位 対人関係
30%
仕事での失敗や責任など
31%

上記のデータを見ると、1位は男女共に仕事内容や作業量でのストレスでした。

しかし、2位と3位を見てみると男女では仕事でストレスを感じるポイントが違うということがわかります。

【年代男女別|強いストレスを感じている仕事内容の割合】


上の表では、年代と男女別に、仕事内容でのストレス指数を表示させたものです。

このデータを見ると、年代や男女別にストレスを感じる箇所は違うことがわかります。

全年代の人が、最もストレスを感じているのは仕事内容や作業量。

データの結果から、ほとんどの人たちが仕事内容や作業量にストレスを感じているということがわかりました。

・「お給料が仕事内容・仕事量に見合わない」

・「事務作業に加えて商品出荷も任されることになったが給料が変わらない」
・「英会話力必須の仕事で責任も求められるのに平均よりも給料が安い」

(出典:エン・ジャパン

これらの口コミからは、仕事や作業量に見合った給与がもらえていないことにストレスを感じる人が多いということが分かります。

【TOP5】仕事のストレスの主な原因と解決方法

先ほどの厚生労働省のデータからも、多くの人が仕事に対するストレスを感じているということがわかりました。

ここからは、厚生労働省「平成30年労働安全衛生調査(実態調査)結果の概況」を基にランキング形式で、仕事のストレスの原因と解決方法をご紹介していきます。

  • 1位:仕事内容や作業量
  • 2位:仕事の失敗や責任など
  • 3位:人間関係
  • 4位:昇給・昇進
  • 5位:雇用の安定性

1位.仕事内容や作業量

第1位は仕事内容や作業量
それでは、仕事内容や作業量がストレスに感じてしまう原因と解決方法をみていきましょう。

原因

仕事内容や作業量で感じるストレスは、給与と仕事のバランスが悪いことが原因にあります。

  • 仕事をすればするほど賃金は上がらず、期待だけが高くなった
  • スキルが求められる仕事なのに、平均よりも給料が低い
  • 毎日のように残業続きなのに、給料は上がらない

このような、
「仕事の質や量は上がるのに給料は変わらない」と不満を感じる人が数多くいるのです。

仕事をすればするほど責任や期待は上がるのに、いつまでも給料が上がらないようではストレスがたまって当然ですよね。

解決策

それでは、仕事と給与のバランスをとるにはどうしたら良いのでしょうか。

最も有効な解決策は、専門性の高い仕事に転職することです。

現代では、

  • グローバル化
  • AI(人工知能)の発展

により、

誰でもできる仕事や、AI(人工知能)に代替できる仕事は、今後給料が安くなるか、仕事がなくなるといわれています。

このことを踏まえると、給料を上げるには専門性の高い仕事に転職するのが有効策なのです。

専門性の高い仕事に転職するには、専門スキルや知識が必要になるので簡単なことではありません。

しかし、今は人生100年時代と言われている時代です。

これからの将来を考えると、今から勉強を始めても遅いということはないはずです。

これからスキルを身につけるならプログラミングがおすすめです。
こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね!

プログラミングスクール おすすめおすすめのプログラミングスクール厳選9校を徹底比較【2020年最新版】

2位.仕事の失敗や責任など

2番目に多かったのは、仕事の失敗や責任についてのストレスです。
それでは、仕事の失敗や責任などでストレスに感じてしまう原因と解決方法をみていきましょう。

原因

仕事の失敗や過重な責任に関する出来事には、

  • 会社の経営に影響する重大なミスをしてしまった
  • 上司が不在になり代行を任された
  • 達成困難なノルマが課された
  • 会社で起きた事故について責任を問われた
  • 顧客や取引先からクレームを受けた

などがあります。

誰だって仕事で失敗が続いてしまったり、責任の大きい仕事を急に任されることになるとストレスを感じてしまいますよね。

解決策

不安やストレスを抱えたままでは、また大きな失敗をしてしまう可能性もあります。

それでは、仕事の失敗や責任へのストレスはどのように解決すれば良いのでしょうか。

まずは失敗や不安を受け入れ、根本的な原因と向き合うことが大切です。

多大な責任を任され、不安に思う時も評価を得られるチャンスだと捉えましょう。

成功すれば、仕事への自信になりますし、失敗しても素晴らしい経験になります。

仕事のミスを防ぐにはしっかりと対策をすることが大切です。
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

【仕事で失敗ばかりな人必見】ミスを防ぐたった3つの方法と活かし方

3位.人間関係

3番目に多かったのは、人間関係でのストレスです。

それでは、人間関係についてのストレスの原因と解決方法をみていきましょう。

原因

仕事をする上で切ってもきれない人間関係に、ストレスを感じる人は多くいます。

  • 上司の関係が上手くいかない
  • 後輩のやる気がなくて指導に疲れる
  • 気のあう同僚がいなくて仲良くできない

など、人間関係の悩みは様々です。

一日の中でも多くの時間を過ごす職場で、人間関係がうまくいっていないと仕事が辛いものになってしまいます。

解決策

人間関係へのストレス解決策は、程よい関係を保つこと。

職場の人間関係が合わないことにストレスを感じるのなら、あまり深く関わらないようにしましょう。

業務で必要最低限の連絡はしっかりと行い、プライベートでは一切干渉しないようにするのです。

このように、仕事とプライベートを割り切って考えると気持ちが楽になります。
職場が全てではないので、あまり深く考えすぎないようにすることが大切です。

同僚との付き合い方にお悩みの方はこちらの記事もおすすめです。

嫌いな人とのストレスを減らす!職場とプライベートで使える方法16選

4位.昇給・昇進

4番目に多かったのは、昇給や昇進に関わるストレスです。

それでは、仕事の昇給や昇進によるストレスの原因と解決方法をみていきましょう。

原因

企業で働いている人にとって、昇進や昇給は嬉しいこと。

しかし、憧れの役職を手に入れた途端に、思いがけない不安やプレッシャーに押し潰されてしまう人も少なくありません。

  • リーダーシップの難しさや苦手意識
  • 責任の重さの割には期待していたほどの昇給がない
  • 上層部と部下との板挟みになりやすい

など、昇進することによるプレッシャーやストレスの原因は様々です。

解決策

昇給・昇進へのストレスを解決方法は、ストレスを自分でコントロールできるようになることです。

昇進へのストレスが自分でコントロールできないと、今後もずっとストレスに悩まされてしまいます。
せっかくのチャンスを活かすためにも、昇進によるストレスを自分でコントロールできるようになりましょう。

昇進することができたのは、紛れもなくあなたの仕事ぶりが評価されているからです。
人の上に立つことは難しく、誰でもすぐに立派な上司になれるわけではありません。

不安があるのなら、上司を経験してきた人に相談してみるのも一つの方法です。
難しく考えすぎずに、自分のストレスと上手く付き合っていきましょう。

5位.雇用の安定性

最後に、雇用の安定性でのストレスの原因と解決方法をみていきましょう。

原因

働いている中で、雇用状態へのストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

  • ずっとこの会社のままでいいのかな?
  • 将来、失業したらどうしよう
  • 会社の将来は大丈夫だろうか?
  • 転職をしようにも、今までのスキルに自信が持てない
  • 将来今の仕事がAI(人工知能)に奪われないか心配

このような、将来への不安がストレスの原因となっているようです。

長期化する景気の低迷に影響され、雇用の不安を感じる人が増えてきていることも原因の一つでしょう。

解決策

雇用への不安でストレスを感じる人は、将来に自信が持てるスキルや知識をつけることで解決に繋がります。

将来が不安定だと感じる人は、会社に勤務しながらも自分のキャリアに不安を持っているのではないでしょうか。

そうであれば、今からでもスキルをつけてみるべきです。

  • 英語などの語学力
  • プログラミングなどのITスキル
  • コミュニケーションスキル

などの、様々な職業で求められるスキルを身につけることをおすすめします。

将来に自信が持てるスキルを持つことで、将来の可能性も広がり、ストレスから開放されますよ。

仕事のストレスを解消するには?発散方法をご紹介

仕事をする上で、ストレスは避けられません。

しかし、上手くコントロールすることができれば疲れも激減するはず。

ここからは、仕事のストレス発散方法をご紹介していきます。

ストレスに頭を抱える前に、ぜひ参考にしてください。

1.趣味の予定を確保しておく

あらかじめ、趣味の予定を確保しておきましょう。

趣味はストレス発散にはもちろん、共通の友人を作ることができたりと、より人生を充実させることができます。

歌を歌うことでも、テニスをすることでも何でもいいのです。

大切なのは、あなたが楽しいと思えること。

スケジュールを事前に確保しておくことで、自分の時間を大切にすることができます。

2.信頼している人に話を聞いてもらう

ストレスが溜まってしまう前に、悩みがあるのなら信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。

家族や友人、恋人と悩みを共有してみてください。
話をするだけでもストレス発散になります。

また、聞いてもらうことで新たな発見があるかもしれません。

3.オンオフの切り替えを大切にする

仕事に集中する時はして、遊ぶときはしっかり遊びましょう。

オンオフを切り替えられずに、プライベートの時間まで仕事のことを考えてしまうと疲れてしまいます。

遊ぶ時はしっかりと遊び、仕事のストレスと解消することが大切です。

4.ランニングなどの運動をしてみる

運動は健康面だけでなく、精神面にも良い影響を与えます。

運動をして汗をかくことで、ストレス発散になるのです。

一人ではやる気が続かないという人も、スポーツクラブや、運動イベントに参加することでモチベーションが持続しやすくなります。

ストレスが溜まっている人は運動をする時間を意識的に作ってみましょう。

5.旅行や娯楽を楽しむ

ストレスが溜まって疲れてしまった時には、旅行や娯楽を楽しんでみましょう。

仕事と距離をとることで、リフレッシュすることができます。

友達や家族、恋人と楽しい時を過ごしストレスを発散させることも大切です。

仕事でストレスをためる人とためない人との違いとは?

仕事をする上で、ストレスをためてしまう人もいればためない人もいます。

その違いはどこにあるのでしょうか。

ここでは、ストレスをためる人とためない人との違いを比較していきます。

  • 困った時に人に助けを求められるかどうか
  • 細かいところがどこまで気になるかどうか
  • ネガティブかポジティブか
  • 人の長所・短所どちらがよく気になるか
  • 気分転換がうまくできるかできないか
  • 穏やかなのかせっかちなのか
  • 周りの目や評価が気になるかならないか

1.困った時に人に助けを求められるかどうか

何でも一人でやろうとする人は、忍耐や我慢を繰り返し、ストレスをためこんでしまいます。

一方、困った時に人に助けを求めることができる人はストレスをためこみません。

2.細かいところがどこまで気になるかどうか

細かいところまで気にしてしまったり、心配性の人はストレスをためてしまいます。

一方、気になることがあっても上手に流すことができる人はストレスをためません。

3.ネガティブかポジティブか

ネガティブな人は、何でもマイナス思考に考えてしまうので、ストレスをためてしまいます。

一方、ポジティブな人はどんなことも前向きに考えることができるのでストレスをためこみません。

4.人の長所・短所どちらがよく気になるか

人の短所が気になってしまう人は、自分のだめなところにもよく気がついてしまうため、ストレスをためてしまいます。

一方、人の長所を見つけられる人は、人から感謝されることも多いためストレスをためこまないのです。

5.気分転換がうまくできるかできないか

いつまでも過去の失敗や嫌なことを引きずってしまう人はストレスをためてしまします。

一方、気分転換が上手くできる人は、気持ちを切り替えることができるのでストレスをためこみません。

6.穏やかなのかせっかちなのか

せっかちな人は、ペースが遅れるのが気になり、自分や人に対してもイライラしてしまうことが多いので、ストレスをためこんでしまいます。

一方、穏やかな人は無理に急いだりしません。

また、他人にも自分と同じように穏やかに接することができるのでストレスをためこまないのです。

7.周りの目や評価が気になるかならないか

周りの目や評価を過剰に気にしてしまうと、気持ちが休まらずストレスをためてしまいます。

一方、周りの目や評価を気にしない人は、自分と他人を比較しないのでストレスがためることがありません。

あなたは大丈夫?仕事のストレスがひどい時にでがちな症状

仕事のストレスがひどくなると、身体や心にトラブルが起こることもあります。

症状が悪化することで、うつ病や不安障害などの病気になってしまうことも。

これらの症状に身に覚えはないですか?
ストレスは早く気がつくことが大切です。

あなたにも当てはまる症状がないかどうか、確認してみてください。

症状がつらく仕事を休みたいときはこちらの記事もご参考くださいね。

仕事を休みたい時に使える対処法や言い訳は?【そのまま使える例文付き】

1.寝られなくなる

仕事への不安やストレスで、寝つけないことや睡眠中に何度も目が覚めてしまうことはありませんか?

このような状態が続くようであれば、注意が必要です。

睡眠不足になれば疲れも溜まって、日中の仕事にも集中することができません。

誰にでも、眠れない日はあります。
しかし、市販薬やアルコールに頼らないと眠れないようであれば、深刻な問題が隠れている可能性が高いでしょう。

2.疲れがとれない

「しっかり休んでいるはずなのに、疲れがとれない」
そんな症状はありませんか?

寝ても疲れがとれない日が続くと辛いですよね。

疲れがなかなかとれないのは、自律神経の乱れが原因の一つです。

ストレスや不規則な生活で自律神経が乱れると、頭痛やめまいなどを引き起こし、疲れが取れにくくなってしまいます。

3.常に落ち込んでいる

常に疲労感があり落ち込んでしまう症状は、うつ病などによくある特徴です。

  • いつも気持ちが晴れない
  • 何に対してもやる気がでない

などの症状が出ているのなら危険信号が出ているのかもしれません。

心当たりのある人は、重症化してしまう前に心療内科を受診されることをおすすめします。

4.集中できない

集中することができない症状も、疲れがたまっている証拠です。

  • 以前よりもぼーっとすることが増えた
  • 物忘れがひどい
  • 人の話が頭にはいってこない

このような症状があるのなら、精神面が健康ではない可能性があります。

5.お酒の量が増えた

お酒を呑む量が増えた、というのもストレスが原因であることが考えられます。

  • 毎日お酒をのまないと眠れない
  • お酒が家にないと落ち着かない
  • 心の混乱を抑えためにもお酒が必要

このような症状に見に覚えはありませんか?
これらは健康に問題があるというサインです。

重症化する前に、精神科や神経科に相談することをおすすめします。

【危険】重度の仕事のストレスが引きおこす病気

重度のストレスを放っておくと、精神的な病気をを引き起こす可能性があります。

とはいえ、精神病にはどのような病気があるのでしょうか?

ここからは、ストレスが原因で起こりやすい3つの精神病について解説していきます。

精神病が自然治癒することはありません。

心当たりがある場合には、精神科や神経内科で検査を受信されることをおすすめします。

1.うつ病

うつ病は、ストレスが原因で起こりやすい精神病の一つです。

強い憂鬱な気分が続き、

  • 意欲がでないなどの精神的な症状
  • 疲れやすいなどの身体に現れる症状

などがおきます。

うつ病は、心身共に辛くなってしまい、重体化すると完治するのにも時間がかかってしまう病気です。

うつ病では主に以下の症状があらわれます。

【精神面の症状】

  • 気分が重い
  • 何をしても楽しくない、興味がわかない
  • 思考力が極端に落ちる
  • イライラする
  • 死にたくなる

【身体面の症状】

  • 食欲がない
  • 疲れやすい
  • 頭痛や肩こり
  • めまい
  • 口が渇く

上記の症状の内、いくつかの項目が2週間以上一日中絶え間なく続くようであれば鬱病である可能性が高いです。

気になる、当てはまると思うものがある場合は、一度心療内科を受診されることをおすすめします。

2.睡眠障害

睡眠障害は、睡眠に何らかの問題ある状態です。

眠れないだけではなく、

  • 眠りが浅い
  • 途中で目が覚めてしまう
  • 睡眠中に起きて徘徊する

などの症状も睡眠障害に含まれます。

睡眠障害は、身体的にも精神的にも辛くなる病気です。

睡眠障害では主に以下の症状があらわれます。

  • 布団に入ってもなかなか眠れない
  • 夢をみることが多く眠りが浅い
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 寝ても疲れがとれない
  • 日中に眠たくなることが多々ある

このような症状に心当りがあるなら、一度心療内科を受診してみましょう。

3.摂食障害

摂食障害は、食欲に問題がでてしまう病気です。

主に、

  • 食べることを拒否していまう「拒食症」
  • 際限なく食べ続けてしまう「過食症」

の2パターンがあります。

摂食障害になれば、拒食症と過食症の症状が交互にあらわれるケースがほとんどです。

摂食障害は若い女性に多く見られる病気で、無理なダイエットや過度なストレスによって引き起こされます。

摂食障害の症状は以下の通りです。

  • 食べたあとトイレで吐く
  • 嫌なことがあると、過食してしまう
  • 一人分の食事量がわからない
  • 他人を見ると自分よりも細いかどうかばかり気になる
  • 太ることに対して恐怖心が襲ってくる

摂食障害は、ダイエットの失敗というような単純なものではありません。

放っておくと、心も体身も病み疲れて死に至ることもあります。

重大なことになる前に、心当たりがある人は心療内科を受診しましょう。

仕事のストレスがひどいなら転職も視野にいれるべき

仕事へのストレスがあまりにもひどいようなら転職も視野にいれるべきです。

新しい環境になることで、仕事へのストレスも和らぐ可能性があります。

しかし、何も考えずに転職を行うのは危険です。

しっかりと自己分析をし、自分の将来や価値観について見直した上で考えましょう。

また、ストレスがひどく、仕事をする気になれないのであれば休職するのも一つの方法です。

まとめ

今回は、仕事のストレスの原因や解決方法などについて解説していきました。

仕事をする上でほとんどの人がストレスを感じています。

しかし、身体に何らかの症状がでるようであれば無理をせずに休むことも大切です。

どうか無理をせずに、自分を大切にしてストレスと上手く付き合ってください。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点