【初心者向け】プログラミングの学習方法をあなたの目的から提案! | WEBCAMP NAVI
【10月の受講枠も残りわずか】

【初心者向け】プログラミングの学習方法をあなたの目的から提案!

「プログラミングの学習を始めたい!」と思ったものの、どうやって学習していけば良いかわからない・・・というような状況に陥ったことはありませんか?

近年、プログラミングの学習方法はたくさん出てきています。
しかし、その選択肢の多さに「何を」「どのように」「どれくらい」やればいいのかわからず、挫折してしまう人が後を絶ちません。

挫折してしまう一番の理由は、「どんなステップで勉強すればいいかわからない」ということにあります。
周りの人やネットの情報から学習方法はわかったものの、具体的な進め方がわからないまま学習し、やる気を失くしてしまう・・・。

もしそんな経験があれば、今回の記事は必ず役に立ちます。
今回、DMM WEBCAMPでは「目的設定とその具体的な学習ステップ」について紹介します!

初めてプログラミングを学習する人も、一度挫折してしまった人も、何かしらのヒントになるよう執筆しています。
目的を持った学習をするため、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね!

学習する目的(ゴール)を決めよう

まず最初に決めて欲しいのは「なぜ学習するのか」です。

なぜゴールを最初に決めるのかというと、ここがズレるとその後の学習が総崩れしてしまうからです。
「アプリを作りたい!」と思っていたのに、Webサイトを作るための内容ばかり学習していたら元も子もないですよね。
そうならないためにも、目的を決めておくことは大切です。

では、具体的にどうやって設定するのでしょうか?
主に二つの段階があります。

  1. プログラミングが面白いと思えるか検証する
  2. 作りたいもの(なりたい職業)から決める

具体的に解説していきます!

①プログラミングが面白いと思えるか検証する

一つ目は、プログラミングを楽しめるかどうかを確認する目的です。
これは、「とりあえずプログラミングを勉強してみたい!」と思う人が当てはまります。

前述の通り、プログラミングを学習し始める人が一番陥りやすいのが「何のために勉強するか」です。
その目的に設定すべきなのが、ハマるかどうかの検証です。

ハマるかどうか検証するためには、とりあえず学習することです。
辛いと感じれば合っていないと判断できますし、楽しめれば適性があります。

ただし、一点注意があります。
それは、難しすぎる教材を選ばないこと。

プログラミングは、挫折しやすいポイントがいくつかあります。
最初の環境構築やエラーの解消、フレームワークの使い方・・・
いきなり最初から全部理解しようとすると、絶対に分からなくなります。

まずは、プログラムの作り方について理解していくこと。
それを楽しいと思えるか、検証することが大切です。

具体的な学習方法については後半で説明しているので、「自分はこの目的に当てはまりそう!」という方はこちらでその検証方法を確認してみましょう!

②作りたいもの(なりたい職業)から決める

二つ目は、作りたいものから決める方法です。
なりたい職業から決める、とも言えるでしょう。

この目的は、主に3つに分けられます。

  1. サイト制作(Webデザイナー)
  2. アプリ制作(Web・スマホアプリエンジニア)
  3. 統計(AIエンジニア、データサイエンティスト)

具体的に解説していきます!

サイト制作(Webデザイナー)

サイト制作は、デザイン力マーケティング力が必要になります。

ユーザーに商品の魅力が伝わりやすいサイト設計にするにはどうしたらいいか、ユーザーが動きやすいサイト設計にするにはどうすればいいかなど、デザイン以外にもユーザービリティを考える力が必要になってきます。

それを考えるのに必要なのは、「サイトはどうやって作られているのか?」を十分に理解することです。
なので、まずは「自在にサイトを設計できる力」を付けることを目標にすると良いでしょう。

オススメしたい人
デザインが好きな人、人の心理を考えるのが好きな人
学習対象になる言語
HTML&CSS、JavaScript、PHP

プログラミング言語について知りたい方は、こちらを参考にしてみてください!

今学ぶべきプログラミング言語がわかる【初心者向け言語の選び方】

アプリ制作(Webアプリ・スマホアプリエンジニア)

アプリ制作はLINEや食べログなど、多くの人が使っているようなサービスを作ります。
プログラミングを使ったものと聞いて、一番イメージしやすいのはこのアプリ制作ではないでしょうか。

一言にアプリといっても、使われるデバイスによって作り方も変わります。
例えば、iPhoneで動かすのとPCで動かすのでは別の技術が必要なのです。
そのため、もしiPhoneでアプリを作りたい場合はSwiftを勉強する必要がありますし、PCならRubyなどを勉強する必要があります。

もし「何を作るか迷うな・・・」と感じたら、アプリ制作を目的に始めるのがオススメです。

オススメしたい人
自分でサービスを作ってみたい人
学習対象になる言語
Ruby、Swift、Kotlin

統計(AIエンジニア、データサイエンティスト)

統計は、サービスの裏側に携わることの多い分野です。
意外に感じるかもしれませんが、人工知能(AI)も統計の一つに入ります

統計とは、物事の相関がどれくらいあるのかを数字で示すものです。
例えば「選挙日が雨だった場合、どれくらい投票率が落ちるのか?」という問いに対して答えを出すのが統計です。
なので他のプログラミングと違い、数学的な知識を要します。

AIが世の中に浸透したものの、まだまだ人材の供給は足りない分、需要の高い分野です。
物事の相関関係について考えるのが好きな人は、きっとハマるはずです。

オススメしたい人
事象を考えるのが好きな人、数字を見るのが好きな人
学習対象になる言語
Python、C++、Julia

学習ステップ:サイト制作

それでは実際に、具体的な学習方法について見ていきましょう。
サイト制作のステップは3つに分かれます。

ステップ1:どうやってサイトができているか理解する

まずは、サイトがどのようにして作られているのか理解しましょう。
技術的な部分は置いといて良いので、どんなコードで作られているのか確認します。

軽く説明すると、サイトはマークアップ言語というもので作られています。
これに当てはまるのが、HTMLやCSSといった言語。
HTMLやCSSのコードを使うことによって、今あなたが見ているようなサイトデザインを作成することができます。

なので、最初はコードの確認から始めることになりますね。
Progateという学習サービスを使って触ってみると、かなりコードの理解が深まります。

オススメ教材
Progate
Progate
https://prog-8.com/

【オススメの学習コース】
HTML&CSS 初級〜上級編(学習コース)
JQuery 初級〜上級編(学習コース)

ステップ2:サイトを模写して作れるようになる

コードを理解したら、サイトを模写して作れることを目指しましょう
既にあるサイトを見ながら、自分で作れるか試してみます。

これをステップに入れる理由は、理解がグッと深まるからです。
模範解答が用意されている分、つまづいたとしても立ち直りが早いです。
急に自分でサイトを作ろうとした時にエラーが起きても、見本がなければそもそも「何が間違っているか」を理解するのに時間がかかってしまいます。

オススメ教材
Progate
Progate
https://prog-8.com/【オススメの学習コース】
HTML&CSS 初級〜上級編(道場コース)
JQuery 中級編(道場コース)

ステップ3:自分でサイトを作れるようになる

最後は、実際に自分でサイトを作れるようになりましょう。
ここまでこれば、ある程度サイト制作に携わることができます。

基本的に自分の作りたいサイトを作れば良いので、気に入ったサイトを参考にしつつ作成してみましょう。
フリーランス向けに案件を紹介している『クラウドワークス』などを見て、案件でお願いされているようなサイトが制作できるか試してみても良いかもしれません。

オススメ教材
Udemy
Udemy
https://www.udemy.com/courses/search/?q=html+css自身の課題に合わせて、教材を選んでみると良いでしょう。
自分でサイトが制作できるように作られているカリキュラムもあるので、最初からUdemyを利用するのもアリです。

学習ステップ:アプリ制作

次に、アプリ制作の学習ステップを紹介します。
他に比べて苦労する分野ですが、その分プログラングの奥深さを理解できます。
それでは、見ていきましょう。

ステップ1:基礎となるプログラミング言語を理解する

まずは、基礎になるプログラミング言語を理解しましょう

「基礎になるプログラミング言語」とは、学習対象となる言語で挙げたRuby、Swift、Kotlinです。
なぜいきなりこれらを勉強するのかというと、アプリ制作には「フレームワーク」が必須になるからです。

フレームワークとは、システム開発を便利にするツールです。
ツールと聞くと不必要に感じるかもしれませんが、いちいち作ると面倒な機能も簡単に作れてしまうのです。

例えばSNSにはユーザー機能がありますよね。
ユーザー機能を自力でつけようとすると、そのためにプログラムを考えなくてはなりません。
しかしフレームワークを使うことによって、たった数行で機能を付けられたりします。
言ってしまえば、天才プログラマーの考えたプログラムを簡単に取り入れることができるのです。

とはいえ、自分で書かなければいけない部分ももちろん存在します。
そのために、まずは基礎になるプログラミング言語を学習するのです。

とりあえずRubyを学習してみよう
RubyはWebアプリケーションという、Web上で動くアプリを作成するのに向いている言語です。
これを読んでいる人の中には「スマホで動くアプリを作成したい」と思っている方も多いとは思いますが、まずはRubyから勉強するのがオススメ。Rubyは初心者でも学びやすいように作成されており、英語と同じく一つ言語が使えるようになったら、他の言語も使えるようになります。
実際にRubyのコンセプトは「楽しいプログラミング」で、誰でもプログラミングを作れる楽しさを味わってほしいという想いで作られています。
ちなみにRubyの生みの親は「まつもとゆきひろ」さんという日本人の方です。
オススメ教材
Progate
Progate
https://prog-8.com/

【オススメの学習コース】
Ruby 1~5

ステップ2:フレームワークの概念を理解する

プログラミング言語の使い方を理解したら、次はいよいよフレームワークの理解に入っていきます。
触ってみるとわかると思いますが、実はプログラミング言語よりフレームワークの方が複雑です。

フレームワークではファイルの行き来が多いです。
そのため「このファイルはどういった機能を持っているのか?」を理解しなければ、学習していても何をしているのかわからなくなってしまいます。

なので、まずはフレームワークの概念を理解しましょう
ファイルごとにどういった役割を果たしているのかを確認してから使い方を学ぶと、理解がかなり深まりやすいです。

オススメ教材
Progate
Progate
https://prog-8.com/【オススメの学習コース】
Ruby on Rails 1~15
オススメ教材
Udemy
Udemy
https://www.udemy.com/courses/search/?q=ruby%20on%20rails&src=sac&kw=ruby【オススメの学習コース】
初心者向けのRuby on Rails教材
ベストセラーor最高評価の教材を選んでください。
定価は1万円ほどですが、新規でユーザー登録すれば2,000円ほどで教材購入することができます。

ステップ3:フレームワークの使い方を理解する

ステップ3では、具体的なフレームワークの使い方について学びます。
フレームワークの大枠を理解した後に学ぶことで、内容が入ってきやすくなっているでしょう。

フレームワークを使うことで、いろんな機能がつけられます。
ユーザー機能やいいね機能、文字制限やデータベースなど・・・
このステップでプロダクトを作る面白さを感じられるので、ぜひここまで頑張って進んでみてください。

オススメ教材
Progate
Progate
https://prog-8.com/【オススメの学習コース】
Ruby on Rails 1~15
オススメ教材
Udemy
Udemy
https://www.udemy.com/courses/search/?q=ruby%20on%20rails&src=sac&kw=ruby【オススメの学習コース】
初心者向けのRuby on Rails教材
フレームワークの概念を理解するために使用した教材があれば、引き続き使用して進めると良いでしょう。

ステップ4:自分でプロダクトを作れるようになる

最後は、自分でプロダクトを作ってみましょう
SNSが無難ですが、自分が作ってみたいものを作ってみると良いでしょう。

作りたいものから考えると、ステップ3では使わなかったコードを使う機会も出てくるはずです。
その度にインプットすることで、より使えるコードが増えていきます。
そうしてスキルアップを図っていくことができるのです。

Ruby on Railsを使いこなせれば、ある程度開発できる幅は広がります。
ぜひ自分の作ってみたいものにチャレンジしてみてください!

学習ステップ:統計(AI)

では3つ目の統計はどのように学習すると良いか見ていきましょう。
近年よく使われるプログラミング言語「Python」の学習を前提として、方法を解説していきます。

数学の知識も入ってきて「自分でもできるのかな・・・」と不安になるかもしれませんが、大丈夫。
数学の知識がほとんどなくても、1から理解することは意外と簡単です。
もし興味があれば、ぜひ食わず嫌いせずに読み進めてみてください!

ステップ1:回帰分析について理解する

まず最初は、回帰分析について理解しましょう。

「なぜ最初からプログラミングについて学ばないの?」と思う方もいるかもしれません。
最初に数学から入る理由は、概念を理解していなければコードを書いた時に何をしているのか分からなくなってしまうからです。
後に理解を早く進めるために、絶対に押さえておきたい内容になります。

回帰分析とは何かと言うと、物事の相関関係を求めるための数式です。
あまり馴染みのないように感じる人も多いかと思いますが、実は高校数学でよく耳にした「微分」を用います。

「微分って聞いたことはあるけど、何を求めているのか全然ピンと来ない・・・」という方も、大丈夫です。
きっと回帰分析を学べば、微分がどういったものを求めているか理解できるでしょう。

オススメ教材
Udemy
Udemy
https://www.udemy.com/course/kikagaku_blackbox_1/圧倒的にオススメなのが、『【キカガク流】人工知能・機械学習 脱ブラックボックス講座 – 初級編 -』です。
とっつきにくい微分について、丁寧にわかりやすく解説しています。
セールを利用すれば2.000円ほどで購入できるので、ぜひこちらでの学習をオススメします。
それが終われば簡単なデータ分析は可能になりますが、より深く学びたい方は中級編にもチャレンジしてみましょう。

ステップ2:自由にデータ分析できるようになる

次は実際に、自由にデータ分析を行ってみましょう。
お題は何でも良く、例えば「雨の日はテレビの視聴率が上がるのか」から「GDPが高い国ほど幸福度は上がるのか」まで、様々なトピックで分析することができます。

比較的ビジネスマンでも使える場面の多いスキルなので、ぜひ色んなことを調査してみると良いでしょう。

ステップ3:学びたい機能について学習する

最後は、より学んでみたい機能について理解を深めてみることです。

統計プログラミングは奥深く、データ分析以外にも色んな分野があります。
例えばウェブからデータを収集する「スクレイピング」や、AIが注目される一因となった「教師なし学習」、他には「画像認識技術」など様々です。
ぜひ興味の出たものから学習してみてください!

オススメ教材
aidemy
Aidemy
https://aidemy.net/AIプログラミングに特化した学習サービスで、ある程度学習を進めた中級者からオススメしたい教材です。
無料レッスンもあるものの、有料レッスンの価格はProgateやUdemyと比べて高めですが、学ぶ価値は十分にあります。

とりあえず学習したい人向け!おすすめ学習サイト3選

「あまり目的とかは考えてないけど、プログラミング面白そうだしとりあえずやってみたい!」という方のために、オススメの学習サイト3選を紹介します。
ぜひ自分に合っていそうなものを選んで学習に取り入れてみてください!

Progate

Progate

引用元:Progate

学習可能言語 HTML,CSS,JavaScript,JQuery,PHP,Ruby,Ruby on Rails,Java, Python,Sass,Go,React
料金 1,078円/月(税込)

対象者
プログラミング未経験の人

  • インプットしやすいスライド形式
  • 環境構築なしにプログラミングが実践できる
  • 幅広く学べる15コースのカリキュラム

Progateは誰でも始めやすい、15コースからなるプログラミングの学習教材です。
いきなりプログラミングを始めると「専門用語ばかりで難しい・・・」となりがちですが、わかりやすいイラストを使ったスライドで理解しやすい作りになっています。

 

「とりあえずプログラムを書いてみたい!」という人には、間違いなく打ってつけの教材です。

月額1,078円かかりますが、無料で学べるレッスンもあるため、まずはそこから学習してみると良いでしょう。

ドットインストール

学習可能言語 HTML,CSS,Java,JavaScript,Ruby,PHP,Swift,C,Go
料金 1,080円/月(税込)

対象者
スキマ時間に動画で学習を進めたい人

  • 1動画3分以内のコンテンツ
  • 開発環境の準備不要!
  • 応用的なカリキュラムも多め

ドットインストールは短い動画でサクッと学べるコンテンツです。動画のため電車の中でも学習を進めることができ、スキマ時間を活用して学びたい人には最適な教材です。

もちろん学べるものも豊富で、その数なんと300以上!
ただし、内容の進むスピードも速いため、ある程度学習を進めてから手をつけてみる方が良いかもしれません。

Udemy

Udemy

引用元:Udemy

学習可能言語 教材によって異なる
料金 500円~20,000円

対象者
既に学習したい分野が決まっている人

  • 買い切りでコスパのいい教材
  • 目的によって買う教材を選べる
  • コンテンツの良し悪しは様々

Udemyは世界中の講師が動画を投稿しているサービスです。
プログラミング以外にもデザインやビジネススキルなどの講座もあります。

このサービスのいいところは、目的に合わせてカリキュラムを選べることです。
他のサービスだと一から学ぶよう作られていることが多いですが、習熟度や学びたい分野に合わせて講座を選ぶことができます。

2万円ほどするコースも多く「普通に高くない・・・?」と思われる方も多いかもしれませんが、基本的にセール中に買うことで1,000~2,000円台で購入することができます
ただし、カリキュラムによって当たり外れはあるので必ず「評価の高いもの」を選ぶようにしましょう。

おすすめの学習サイトについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

プログラミング 独学 サイト 【徹底比較】プログラミングを独学する!おすすめ学習サイト10選をご紹介

まとめ【目的に合った学習方法が継続のヒケツ】

いかがでしたか?
今回「DMM WEBCAMP」では目的別の学習方法について紹介してきました。

学習の目的は人それぞれなので、方法に正解はありません。
しかし、あなたにとっての最適解は必ずあります。

この記事では目的別に学習方法を紹介しましたが、身近にエンジニアの人がいれば相談してみるのも良いでしょう。
現エンジニアの方にも初心者の時があり、振り返ると「もっとこうやって学習すれば効率的だったな・・・」というエピソードを持っているかと思います。

ぜひ自分の目的と照らし合わせながら、学習を進めてみてください!
きっとプログラミングの面白さに気づけるはずです。

今がチャンス!春までにキャリアチェンジで最大5万円キャッシュバック!

「コロナの影響もあり、これからのキャリアが不安...」「いまみたいな働き方で大丈夫?」
そんな不安をお持ちの方は、DMM WEBCAMPエンジニア転職を目指しませんか?
今、受講を開始すると最短で来年春までのエンジニア転職が可能です!

また、最大5万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
DMM WEBCAMPは経済産業省認定講座のため、条件を満たすことで56万円のキャッシュバックも同時に受けられます。
エンジニア転職を目指すなら今がチャンス!

キャッシュバックキャンぺーン実施中/
5万円キャッシュバックの詳細を見る