【第二新卒向け】未経験でもプログラマーになるためのステップ | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【2月枠も残りわずか】転職保証コース

【第二新卒向け】未経験でもプログラマーになるためのステップ

ヘッドホンした男性

第二新卒で転職を考えている方で、プログラマーという職業に興味がある方もいらっしゃると思います。

でもプログラマーって専門性高そうで未経験からなるのは難しそうだし、どうやってなったらいいかわからない・・・プログラマーになるには何をどの様に学べば良いのかわからない・・・そんな方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、第二新卒の方がプログラマーになるためのステップをご紹介します。

プログラマーとは?プログラマーになるメリットについて

プログラマーとはソフトウェアを作る時のプログラミングをする人の事をプログラマーと言います。
しかし一言でプログラマーと言っても働き方には多くの方法があり、他の職種と違うメリットの1つになります。
プログラマーとして選べる働き方を幾つかご紹介します。

会社に勤める

これは他の職種と同じで、会社に入社して働くというスタイルです。
後程ご紹介しますが、フリーランスとして働く方法もありますが、多くのプログラマーはまず会社に入ってプログラマーとして基礎知識を付け、プロジェクト等に参加して経験を積む方が多いです。

会社に勤めるメリット

会社に勤めるメリットは何と言っても生活の安定です。
会社の営業担当が仕事を受注してくる為、基本的にはプログラミング業務に集中できます。
更に繁忙期以外でも会社に勤めている以上一定の収入を得る事ができる点が最大のメリットです。

会社に勤めるデメリット

会社に勤めるデメリットは仕事が選べない事です。
会社として受注してきた仕事(プロジェクト)に参加すると自身のやりたい事と違う場合でも業務を行う必要があります。
また他のプロジェクトメンバーの進捗に自身の作業が影響されることもあります。

フリーランスとして仕事を請け負う

フリーランスとは個人経営者の事です。
個人で仕事を請け負う事で、収入を得るプログラマーの働き方の1つです。

・未経験からでもフリーのプログラマーを目指したい方は「自由なライフスタイル!未経験でもフリーのプログラマーになるためには」の記事を参考にしてください

フリーランスで仕事を請け負うメリット

フリーランスの最大のメリットは働くペース、やる仕事を自由に選べる事です。
例えば2ヶ月間休み無しで働いて、1ヶ月休むという事も可能です。
また会社に務めるのと違い収入についても出来高なので、自身が仕事をこなす程増えます。

フリーランスで仕事を請け負うデメリット

フリーランスで仕事を請け負うデメリットは責任を全て自分で追うことです。
また請け負う仕事も自分で探して契約を行う必要があり、スキルがないと選択できる仕事の幅も非常に狭まってしまいます。

スマホアプリ開発

最近話題のスマホアプリ開発でGoogle、iTunes等にアップロードし無料ダウンロードで広告料やゲーム内課金、もしくはアプリ自体を有料で販売して利益を得る方法です。
ただしこれを個人で本業に生活を安定させるのは難しく、趣味の延長や経験を積むのが主になります。

スマホアプリ開発のメリット

納期等の責任が発生せず、自身の作りたい物を作成できます。
大ヒットすれば大きな収入を得ることが出来ます。

スマホアプリ開発のデメリット

収入の基本にする事が非常に難しいです。
様々なコンテンツが既に作成されており、大ヒットアプリを個人で開発するのは非常に難しいです。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【現役エンジニアが解説】未経験からプログラマーになる方法」の記事を参考にしてください。

プログラマーの需要と将来性について

第二新卒で転職を考えられている方にとってもしプログラマーに転職しても将来性がなかったり、そもそもプログラミング技術を身に着けても転職が出来るのか?という点は非常に重要であり気になると思います。
結果からお伝えすると、プログラマーは現在はもちろん、将来的にも非常に高い需要があります。
需要と将来性は具体的には以下の事から高いと言えます。

プログラマーの需要:人材不足について

私自身プログラマー兼システムエンジニアとして仕事を請け負っていますが、繁忙期ではどうしても深夜まで作業をしたり、酷い時には数日泊まり込みという事もあります。
これは私固有ではなく、よくある話です。
それだけ1人にタスクを振らなければ業務を回せない程人材不足です。

プログラマーの需要:募集案件の多さと高額な給与

転職、求人サイト等にはプログラマーの案件が非常に多くあり、給与面についても他職種に比べて高く設定されている事が多いです。
求人情報から社会ではプログラマーが不足しており、非常に重要な役割である事がわかります。
参考までに実際の転職、求人サイトでは以下の様な募集があります。

出典元:http://type.jp/job-1/1003/condition-1001-27/

プログラマーの将来性:プログラミングの義務教育化

最近話題になっていますが、プログラミングが義務教育になる事が決定しました。
10年以上前に小学校等でパソコンの授業が取り入れられたのと同じで、これから社会人として重要な知識になると言えます。
これはプログラミング技術の基礎知識が最低限必要になると国が認識していると言っても過言ではありません。
そしてプログラマーはプログラミングのスペシャリストの為、将来性が高いと言えます。
また現在日本ではエンジニア、プログラマーの地位はあまり高いと言えませんが、アメリカでは役割の重要性から日本よりも高い地位を持つ職業で、日本でもそう遠くない未来にエンジニア、プログラマーの地位が見なされて行くと私は確信しています。

プログラマーの将来性:IT化、自動化、効率化の促進

スマホアプリを始め近年様々な企業で、IT化、自動化、効率化が進められています。
今まで手作業で行っていた事をIT化、自動化、効率化する事で生産性や業務効率をあげていくにはソフトウェア、スクリプト、マクロ等どれもプログラミング技術が必須になります。
実際私の取引先でもソフトウェアを提案やその会社独自の改造を入れる際に依頼主から「このソフトウェア(または改造)を入れる事で派遣やバイトを何人減らすことができる?」という質問を受ける事も少なくありません。
結果として人件費を減らし、それを補う為プログラムつまりプログラマーに企業は費用を出している事になります。
この事からもプログラマーの将来性は明るいと言えます。

・プログラマーへの転職・中途入社を考えている方は、「中途採用で未経験からプログラマーに転職する方法を解説!」の記事を参考にしてください

プログラマーとして入社するにはどうやってなればいい?

プログラマーとして働く方法は大きく分けて、企業に入社する、フリーランスとして仕事を請け負う、スマホアプリ等を開発して収入を得るの3つあるという話は既にしましたが、実際に未経験者や第二新卒の方であれば企業に入社するが一番生活が安定し、プログラマーとして生きていくのでは難易度が低いと言えます。
しかし重要なのは企業に入社するという点です。
人材が不足しており、求人数が多い事についてもご説明しましたが、理由については後ほど記載しますが、未経験者、第二新卒の採用率はあまり高くありません。
では実際どうすればプログラマーになれるか?という疑問をお持ちの方になると思います。
またプログラマーを募集している求人にはどの様に応募、事前準備に必要なのは何かをご説明します。
プログラマーとして入社するには大きく分けて2つのパターンが考えられます。

プログラマーとして入社:第二新卒が応募できる未経験者向けの求人に応募する

プログラマーとして入社する1つ目の方法ですが、求人内容に未経験者可、第二新卒可といった第二新卒でも応募可能な求人情報に応募する方法です。
プログラマーは20代前半であれば未経験でも応募できる求人が幾つかある為、第二新卒であれば応募する事ができます。
しかしプログラマーは人材不足が深刻な為、即戦力にならない未経験者募集の求人はプログラマー求人のごく一部になります。
また他の応募者で第二新卒やプログラマーに関わる大学、専門学校を卒業している場合はそちらが優先される事が多く、プログラミングスキル以外に余程の魅力がなければ採用率は高いとは言えないです。

プログラマーとして入社:プログラミングを学んで基礎知識をつけて即戦力になる

プログラマーとして入社する2つ目の方法ですが、プログラミングの基礎知識を付けて、即戦力になれる状態になってから求人に応募する方法です。
実務経験がなくても、基礎知識を取得しており、面接でしっかりと自分が取得できている知識やスキルを提示出来れば採用率があがります。
プログラミングの基礎知識を学ぶ方法は大きく分けると2つの方法があります。

プログラミング基礎知識取得方法:独学

プログラミング基礎知識を取得する方法の1つとして独学があります。
具体的にはプログラミング入門サイト、プログラミング入門の書籍を購入して学ぶ方法です。
ここで気をつけなければいけない事があります。
それはどのプログラミング言語を取得するかです。
プログラミング言語には非常に多くの種類があり、プログラミングするソフトウェアによって使用する言語の得て不得手があります。
例えば汎用性の高いJavaという言語がありますが、例えばプログラミングする物が小規模なWEBサイト等であればJavaより簡易なPHPという言語で作成する方が良い場合もあります。
参考までにJava入門におすすめサイトを1つご紹介します。


出典元:http://nobuo-create.net/category/java-beginner/

上記参考サイトは意外と入門サイトで省略されがちな開発環境の手順がしっかりと説明されており、学習項目が1つずつ小さく分かれている為、ちょっとした時間の間でも学習する事ができる為です。

プログラミング基礎知識取得方法:スクールに通う

プログラミングの基礎知識を取得する方法の1つとしてプログラミングスクールに通う方法があります。
プログラミングスクールに通うと聞くと、構えてしまう方もいらっしゃると思いますが、プログラミングスクールには多くのメリットがあります。
いくつか代表的なメリットをご紹介します。

スクールに通うメリット:独学では行き詰る事をすぐに解決出来る

プログラミングを独学で取得するのは非常に敷居が高く挫折してしまう方は非常に多いです。
敷居の高い理由としては覚える事が多いのもそうですが、効率よく綺麗なプログラミングをする方法やエラーになってしまった時に理由がわからないと言った事が多いからです。
これは入門サイトや入門書籍が悪いのではなく、プログラミングを学習する上でも、プログラマーになってからでも発生する事です。
しかしそうは言っても入門の時点で行き詰る事が連発していては諦めてしまいます。
その点プログラミングスクールは問題が発生した時にエラーの理由やアドバイスを的確に教えて貰える為、結果としてプログラミングの基礎知識を取得する期間を短縮でき、基礎知識だけでなく経験者からのプログラミングのコツ等を得る事ができます。

スクールに通うメリット:最新の情報を最適に学ぶ事が出来る。

プログラム言語には多くの種類があり、流行の言語に違いがあります。
同じプログラミングでも今人気の言語を取得しなければ採用率が下がってしまいます。
プログラミングスクールは生徒の希望や企業からの情報収集により今最適なプログラム言語を教えて貰うこともできます。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【徹底解説】未経験からプログラマーになるためのすべてを伝授」の記事を参考にしてください。

未経験の案件よりスクールの案件がおすすめ

プログラマーとして生きていく上で、基礎知識をつけて入社するのが一番と言う事は既に気付かれた方も多いと思います。
しかし基礎知識を付けても面接などで学んだ事をアピールするのが苦手な方も多いと思います。そこでおすすめなのが、最近のスクールは自社で受講生向けに人材紹介をしてネット上に出ていない非公開求人情報を持っていたり、転職保証をしているスクールも多くあります。未経験から応募できる求人ですと、採用率の低さや、実際に入社した後の待遇が読めないリスクもあるため、ある程度お金に余裕がある方でしたらキャリアサポートの手厚いスクールに通うのがおすすめです。

・プログラマーの面接対策をしたい方は、「【未経験者向け】プログラマーの採用面接で大切な9個のポイント!」の記事を参考にしてください

おわりに

第二新卒の方がプログラマーに転職する方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
求人の件数も多く、給与面に関しても良いプログラマーですが、人材不足過ぎるせいで、未経験者歓迎という求人が多くても、雇う側としては実務経験がないにしても基礎知識ぐらいはある方を望まれているのも本音です。
プログラミングの基礎知識を付けるのは大変ですが、1度入社して実務経験を積めばそれ以降は転職や開業を行う事も可能です。
スクールに通い早く基礎知識を取得して転職するのが私個人としてはおすすめです。

DMM WEBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

弊社では人材紹介としてインターン先の紹介や選考対策も行っています。学生は受講料半額ですので、この機会に是非一度説明に足を運んでみてください!

2月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

 プログラマー志望者への人気・おすすめ記事一覧

初心者必見記事 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
全体を理解したいプログラマー 未経験者向け 未経験から派遣プログラマーへ 未経験からのプログラマー資格
文系のプログラマー志望者向け 未経験からSEになるには 未経験からプログラマーを目指す本
第二新卒向けも未経験からプログラマー 未経験からWeb系プログラマーへ プログラマー未経験向けエージェント
未経験からのプログラマーは辛い? 未経験からフリーのプログラマーへ プログラマー未経験向け面接対策

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。