IT業界を語るのに最低限必要な基礎知識を解説 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【3月枠も残りわずか】転職保証コース

IT業界を語るのに最低限必要な基礎知識を解説

IT業界をほとんど知らない方がIT業界について語れるようになるためには、IT業界を語るために必要な最低限の知識をみにつけておかなければいけません。

しかし、IT業界と一口にいっても種類やジャンルが広いので、初心者の方はどのジャンルのどういった知識を身につけるべきか判断するのが非常に難しいかと思います。

そこでこの記事では、IT業界を語るために必要な最低限の基本的な知識について、丁寧にわかりやすく解説していきたいと思います。

IT業界についての基本的な知識を身につけて、IT業界について語れるようになりたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

そもそもITとはどういったものなのか

まずは、ITとはどういったものなのかという点についてみていきましょう。

ITというのは、Information Technology(インフォメーションテクノロジー)を略した言葉です。

このITという言葉、厳密にいうと情報を得て伝えることを指すのですが、インターネットを駆使して情報の通信をおこなう情報通信のことを指す言葉として使われることがほとんどです。

 

IT業界とは

では、そんなITを利用して仕事をおこなっているIT業界とは、どういった業界なのでしょうか?

IT業界とは、ITの技術を駆使してさまざまなサービスを提供したり製品を開発したりする企業のが集まる業界のことを指します。

そしてIT業界は、

  • インターネット業界
  • ハードウェア業界
  • ソフトウェア業界
  • 通信業界

といった、4つの業界に分けることができます。

それぞれの業界について詳しくみていきましょう。

インターネット業界

インターネット業界はインターネット技術を駆使したサービスを提供する業界です。

企業や個人のホームページの制作をおこなったり、広告の配信をおこなったり、情報の発信をおこなうメディアもインターネット業界に含まれます。

ハードウェア業界

ハードウェア業界は、インターネットを利用するためのパソコンやスマートフォンなどの端末の製造をおこなう業界です。

どれほど革新的な技術を駆使したサービスであっても、ハードウェアと呼ばれるこれらの端末がなければ利用することはできません。

そのことからハードウェア業界はIT業界の中でも非常に重要な業界だと言えますね。

ソフトウェア業界

ソフトウェアは先ほど紹介したパソコンやスマートフォンなどの端末を操作するために必要になってきます。

例えば人気のスマートフォンであるiPhoneのOS(オペレーティングシステム)のiOSなどもソフトウェアにあたります。

また、ほとんどの企業で導入されているワードやエクセルなどのオフィスソフトも、ソフトウェアになります。

通信業界

通信業界はIT業界の屋台骨となる業界です。

通信業界は通信回線の提供などをおこなう業界ですが、これら通信業界の企業が通信回線を使用できる環境を提供してくれないと私たちはインターネットを利用することができません。

通信業界は、IT業界において根本的に重要な業界だということです。

 

知っておきたいIT業界を代表する職種

IT業界について語れるようになりたいのであれば、IT業界を代表するさまざまな職種についても理解しておかなくてはいけません。

IT業界は職種が豊富で、行っている業務も多岐に渡ります。

それぞれの職種とおこなっている業務の内容について詳しくみていきましょう。

Webデザイナー

WebデザイナーはIT業界を代表する職種で、なおかつIT業界で最も人気のある職種の一つです。

Webデザイナーと聞くと画像やイラストなどを使いデザインする人というイメージが強いかもしれませんが、ほとんどの企業のWebデザイナーはデザインだけでなく、コーディングまでおこないます。

コーディングというのはマークアップ言語と呼ばれる専門の言語でホームページを制作していく業務のことを指しており、Webデザイナーはホームページに使用する画像やイラストの制作からコーディングまでを一貫しておこなっていくことになります。

プログラマー

IT業界と聞くとプログラミングを連想する人は多いのではないでしょうか?

それほどプログラマーはIT業界において有名な職種の一つです。

プログラマーはさまざまなプログラミング言語を駆使して、アプリやソフトウェアなどを開発していく仕事です。

スマートフォンの普及によってほとんどの方が日常的にさまざまなアプリを使用しているかと思いますが、それらのアプリの一つ一つは、プログラマーによって作り出されたものということになります。

Webディレクター

IT業界の管理職といえばWebディレクターです。

Webディレクターはホームページなどの制作においての進行管理役になります。

クライアントと蜜に連絡を取ってクライアントの以降を汲み取ったうえでそれをWebデザイナーやプログラマーに伝え、クライアントの指示通りのホームページを制作していきます。

また、ホームページなどの制作をおこなう場合必ず納期が設定されているので、その納期に遅れてしまわないように技術者の舵取りをするのもWebディレクターの大事な仕事の一つになります。

Webマーケター

WebマーケターはWeb技術を駆使してマーケティングをおこなう職種です。

IT業界では広告やSNS、SEOなどさまざまな方法を駆使してマーケティングをおこなうことができます。

Webマーケターはクライアントのサービスや製品に一番適した方法でマーケティングをおこなっていきます。

無名なサービスや製品でもWebを駆使することで爆発的にリーチすることができるので、Webマーケターは非常に重宝される職種の一つです。

 

まとめ:IT業界の基礎知識を身につけてIT業界について語れるようになろう

IT業界について語ることができるようになるために最低限知っておきたい、IT業界を代表する業界や職種などの基礎知識について詳しく解説してきました。

IT業界は他の業界に比べるとかなり専門的な業界ですし一般にあまり浸透していない業界なので、基本的なことを語るにしてもかなりの知識が必要になります。

今回厳選して紹介した内容だけでもIT業界の基本的なことについて語ることはできますが、より詳しく語りたいのであればもっとIT業界について学んでいく必要があるので、もっとIT業界について色々と調べて勉強するクセをつけておくと良いでしょう。

 

3月枠も残りわずか!!未経験からエンジニアを目指すならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証型のプログラミングスクールです。転職成功率は、98%!短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

「未経験だから不安…」、「転職できるんだろうか…」などの不安があると思います。そんな不安や心配を解消する、無料のカウンセリングを実施しています。

無理な勧誘や面倒な電話は一切ありませんので、お気軽にお越しください。

【無料】キャリア相談の日程を見る

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。