仕事が辛いと感じる6つの原因と対処法を解説。無理せず働ける職場を探すための準備法も紹介

2022.09.17
仕事が辛いと感じる6つの原因と対処法を解説。無理せず働ける職場を探すための準備法も紹介

仕事をしていると、嬉しく思うこともあれば嫌に思うこともありますよね。
いろいろなことを乗り越えながら、人は日々働いています。

しかし、毎日の仕事があまりに大変だと、「仕事が辛い」と感じてしまうこともあるでしょう。

「仕事が辛いと感じる自分は甘いのかな」
「仕事が辛いけどどうすればいいのかわからない」

そんな思いを抱えていないでしょうか。

仕事の辛さは、できるだけ軽くしたいものですよね。

そこで今回は、

  • 仕事が辛いと感じる原因
  • 仕事が辛いときの心身のサイン
  • 仕事が辛いときの対処法
  • 仕事が辛いときにやってはいけないこと

などをご紹介します。

この記事を読めば、仕事の辛さに向き合って改善する行動を起こせるようになりますよ。

「仕事が辛いのをどうにかしたい」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

参考 仕事をやめたいときはどうすればいい?やめられない理由と対処法WEBCAMP NAVI

「仕事が辛い」と感じるのは決しておかしなことではない

「仕事が辛い」と感じるのはおかしなことではないイメージ

「仕事が辛いと感じている自分は甘いんじゃないか」「これくらいの仕事を辛く思う自分がおかしいのか」と考えていませんか。

仕事が辛いと感じている自分に原因があると思ってしまう気持ちもあるかもしれません。

しかし、「仕事が辛い」と感じることはまったくおかしいことではないのです。

「仕事が辛い」と感じていることは、あなたの心身が自分を守ろうとしている反応でもあります。

詳しくご説明しましょう。

1.「働きたくない」と思ったことがある人は全体の84%

実は、働く社会人の多くが仕事についてマイナスなイメージを持っています。

株式会社Biz Hitsが2019年10月に実施した調査では、働いている社会人のうち84%が「働きたくない」と思ったことがあると回答しました。

「働きたくない」と思ったことがあるかどうかのアンケート結果

(出典:株式会社Biz Hits)

上記の調査は、10〜50代の働く男女1,000人を対象に実施されたものです。

「働きたくないと思ったことがある」と回答した人は1,000人中845人にものぼりました。

また同調査では、働きたくない理由として「人間関係が辛い」「疲れる/体が辛い」などが上位に挙がっています。

とても多くの働く社会人が、仕事で辛い思いをしていることがわかりますね。

「仕事が辛い」と感じることは、甘えでもおかしいことでもないのです。

2.「辛い仕事を頑張るべき」という考えは古い

最近では、働く側も会社側も、職場の働きやすさや仕事の適性を重視するようになりました。

根性論として「辛い仕事を頑張るべき」という考えは古いようです。

辛い思いをしながら無理して働き続けるよりも、自分に合った環境や仕事内容を選んで、生き生きと働くことを選ぶ人が増えています

とはいえ、仕事をすぐに変えるというのはなかなか難しいものですよね。
仕事が辛い原因をどうにかすれば、問題は解決できるはずです。

では、仕事が辛いと感じてしまう原因には、どんなものがあるのでしょうか。


「仕事いやだな…」と思う瞬間、ありませんか?
今回DMM WEBCAMPでは、みなさんも一度は感じたことがあるであろう「仕事いやだな…」と思う瞬間を“あるある”にまとめてみました!
気持ちを晴らす気分転換の方法もたくさん紹介しています。
働く大人なら誰でも抱く悩みを共有しませんか?

仕事が辛いと感じてしまう6つの原因とは

仕事が辛いと感じている人のイメージ

「仕事が辛い」と感じるのはおかしいことではありません。

しかし、「仕事が辛い」と感じながら働き続けるより、自信を持って前向きに働きたいものですよね。

そのためには仕事が辛い原因を見つけて対処することが必要です。

「仕事が辛い」と感じる原因は、会社や人によってさまざま

ここでは、「仕事が辛い」と感じてしまう主な原因を6つご紹介します。

  1. 仕事量が多い
  2. 社内の人間関係が悪い
  3. パワハラ・セクハラがある
  4. 誰にも相談できない
  5. 仕事がうまくいかない
  6. 社風が合っていない

順番に見ていきましょう。

1.仕事量が多い

「仕事はこなしているのに終わりが見えなくて辛い」ということはありませんか。
そんなときは仕事量が多いことが原因かもしれません。

仕事量が多いと仕事が終わらず、「抱えている仕事をやりきった!」という達成感が感じられない状態が続きます。

決まった時間内で終わらないので、残業や休日出勤をしなければならないこともあるでしょう。

するといつもたくさんの仕事に追われているので、ストレスがとても溜まりやすいです。

結果として、仕事の終わりが見えず「仕事が辛い」と感じるようになります。
とくに、押しに弱く仕事を断れずに抱え込んでしまう人は注意が必要です。

2.社内の人間関係が悪い

社内の人間関係が悪いことから「仕事が辛い」と感じる人はとても多いです。

株式会社Biz Hitsの調査では、「働きたくないと思ったことがある」と回答した人に理由を聞いたところ、1位は「人間関係が辛い」でした。

働きたくないと思う理由

(出典:株式会社Biz Hits)

仕事は多くの人と協力し合って進めていくので、社内の人間関係が悪いと仕事をすること自体が憂鬱になりやすいです。

社内の人間関係に問題があるなら、それが仕事が辛い原因かもしれません。

3.パワハラ・セクハラがある

職場でパワハラ・セクハラなどの被害にあっている場合、「仕事が辛い」と思うことも無理はありません。

上司の立場を利用したパワハラや、性的な嫌がらせをしてくるセクハラは犯罪です。

本来は仕事をする場で協力して業務に取り組むはずの相手が、自分に対してハラスメント行為をしてきてはたまりません。

人事などに相談して一刻も早く解決すべき問題ですが、相談する勇気が出ないという方もいます。

実際のところ、パワハラやセクハラに対処できず、辛い思いをしながら働く人は多いでしょう。

4.誰にも相談できない

仕事をしていると、多くの悩みを抱えます。
しかし相談できる相手がいないと、一人で悩み続けて仕事が辛くなるでしょう。

仕事は周囲と協力し、声をかけ合いながら進めるものです。
相談できる相手がいなければ仕事が円滑に進まず、困ることも多くなります

仕事でわからないことがあるときや落ち込むことがあったときは、誰にも相談できないと辛いですよね。

あなたのまわりには上司や同僚、友人や家族など、あらゆる人がいるはずです。
しかし、相談できなければ孤独感を感じるでしょう。

誰にも相談できないという状況は、「仕事が辛い」と感じるには十分な理由です。

5.仕事がうまくいかない

「仕事が辛い」と感じているのは、仕事がうまくいかないことが原因かもしれません。

仕事で成果を出したり評価されたりするとやりがいを感じ、モチベーションも上がりますよね。

しかし、仕事がうまくいっていないと、もどかしさや不満などが強くなりストレスを感じます

「どうして結果が出ないんだ」「自分はだめだ」とうまくいかない自分を思い詰めるようになると、「仕事が辛い」と感じるでしょう。

6.社風が合っていない

社風が合っていないことが原因で「仕事が辛い」と感じているケースもあります。

たとえば新しいことにどんどん挑戦して成長したいのに、言われたことを地道にこなす単純作業の多い社風では、やりがいを感じられません。

また実力を評価されたいのに、労働時間の長さで評価される社風では辛いですよね。

「自分は本当はこうしたいのに」「こう働きたかったのに」と感じているなら、社風が合っていない可能性が高いです。

仕事が辛い原因は、あなたと会社の相性にあるのかもしれません。

仕事が辛いと思っているときに出る心身のサイン5つ

仕事が辛いと思っているときに出る心身のサインのイメージ

仕事が辛いと感じてしまう原因をご紹介しました。
このほか、些細なことがストレスで辛い気持ちになることもあります。

仕事を頑張りすぎていると、仕事が辛くても「もう少し」と無理をしたり、「これくらい大丈夫」と考えたりすることは少なくありません。

自分では「仕事が辛い」と感じているのに、無理していることに気づけないこともあるのです。

そうすると、次第に心身からサインが現れるようになります。
心身に変化が出るほど仕事が辛いときは、しっかり対処をすることが大切です。

ここでは、仕事が辛いと感じるときに出る心身のサインを5つご紹介します。

  1. 寝付きが悪くなる
  2. 体の一部がけいれんする
  3. 休日も仕事のことを考えてうわの空になる
  4. 人と会いたいと思わなくなる
  5. つねに後ろ向きな気持ちになる

さっそく見ていきましょう。

1.寝付きが悪くなる

仕事の辛さから心身にストレスがかかっていると、寝付きが悪くなることがあります。

ストレスがかかると交感神経が活発になり、リラックスする副交感神経が抑えられるので眠りにくくなるのです。

また、辛い仕事に行きたくない気持ちから、朝がくるのが怖くて眠れないというケースも。

特に日曜の夜など休日が終わるタイミングで眠れなくなる場合は、仕事が辛いことによる不眠の可能性が高いです。

「最近寝付きが悪くなったな」と感じたら、ストレスを感じていないか振り返りましょう。

2.体の一部がけいれんする

ときどき、まぶたがぴくぴく動くといったことはありませんか。
体の一部がけいれんするのは、ストレスを感じているサインかもしれません。

緊張やストレス、疲労を感じていると、体の一部がけいれんすることがあります。

社会人のなかには、仕事のストレスが原因でけいれんが起こっている人も多いです。

鏡を見たときに顔や手足がけいれんしていたら、心身にかなり負担がかかっているということ。

心配なときは、病院にかかったほうがいいでしょう。

3.休日も仕事のことを考えてうわの空になる

「仕事が辛い」と感じているからこそ、休日はしっかりリフレッシュしたいものです。

しかし、休日にもつい仕事のことを考えてうわの空になっているなら、仕事の負担が大きすぎるのかもしれません。

仕事のストレスが大きいと、休日にも仕事の心配をしたり、休日が終わることを怖く感じたりします。

仕事のことが頭から離れず、心が落ち着かない状態です。
それでは、どんなにゆっくり過ごしたとしても休めません。

いつも辛い仕事のことを考えてしまっているような状態なら、身体からのサインと捉えましょう。

4.人と会いたいと思わなくなる

仕事が辛いと感じていると、人と会いたいと思わなくなることがあります。
疲労が溜まりすぎて、休むことを優先したいのです。

人と会うことには、大きなエネルギーが必要ですよね。
仕事で疲れていると、人と会うエネルギーが残っていません

人と会うことは疲れると思うようになり、積極的に会いたいとは思わないのです。

むしろ「仕事で人と会うんだから、プライベートくらい一人でゆっくりしたい」と感じることもあるでしょう。

もともとの性格なら問題ありませんが、以前と比べて人に会いたいと思わないのであれば要注意です。

5.つねに後ろ向きな気持ちになる

つねに後ろ向きな気持ちで過ごしてはいないでしょうか。
仕事が辛い状態が続くと、気持ちが落ち込みがちになります。

たとえば、仕事でのミスをいつまでも引きずったり、周囲の人が自分の悪口を言っているのではないかと心配になったり、ネガティブに考えることがあるでしょう。

物事を悪い方向に捉えやすくなり、気持ちを前向きに切り替えることができません。

つまり、辛い気持ちが思考を後ろ向きにさせ、ますます辛くなっていく悪循環を生んでいるのです。

自分が後ろ向きな気持ちになっていたら、辛い思いをしているサインだと気づきましょう。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい…
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い、一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
あなたのこれからのキャリアについて、一緒に考えてみませんか?

仕事が辛いと感じたらやってほしい6つの対処法

仕事が辛いと感じたらやってほしい対処法のイメージ

仕事が辛いと思っているときに出る心身のサインをお伝えしました。
自分の心身の状態を注意深く見ることが大切ですね。

では、仕事が辛いと感じたときや、心身のサインが出たときは具体的にどうすれば良いのでしょうか。

対処法がわからなければ、仕事が辛くてもどうしようもできませんよね。

適切な対処法を知って、心身の負担がかかりすぎないよう行動しましょう。

ここからは、仕事が辛いと感じたらやってほしい6つの対処法をご紹介します。

  1. しっかりと休みをとる
  2. 適度に運動する
  3. 悩みを打ち明けられる人を見つける
  4. 趣味などのストレス解消法を見つける
  5. カウンセリングを受ける
  6. 仕事に対する姿勢やマインドセットを変える

詳しく見ていきましょう。

1.しっかりと休みをとる

まず大切なのは、しっかりと休みをとることです。
「仕事が辛い」と感じている人は、十分な休息がとれていないことがほとんど。

休んでいるつもりでも、仕事のことを考えてしまって休めていません。

休みをとるときには、仕事のことから離れてリラックスした状態で過ごすようにしましょう。

しっかりとした休みをとれば、ストレスや疲労を癒やして、心身を健全な状態に戻せます

心身が健康な状態になることで、辛い仕事をどうすべきか冷静に考えられるようになりますよ。

2.適度に運動する

リフレッシュには、適度に運動することも効果的です。
毎日の生活に、軽く汗をかく程度の運動を取り入れましょう。

運動をして身体を動かすと、頭で仕事のことを考えにくくなり、仕事から離れられます

また、仕事のストレスや緊張でかたまった身体をほぐすことができ、血液のめぐりが良くなって気分が前向きになりますよ。

運動は気分転換にも、健康にも良い効果をもたらします。

ほどよい運動を生活に取り入れることで、ストレスを発散しましょう。

3.悩みを打ち明けられる人を見つける

仕事が辛いと感じている悩みを打ち明けられる人を見つけましょう。
悩みを聞いてくれる人がいれば、一人で悩むより気が楽になります。

職場の同僚や家族、友人も仕事で悩むことはあるはずです。
相手の悩みを聞いてあげると、あなたの悩みも聞いてくれるかもしれません。

悩みは、人に話すだけでも心が軽くなります。
打ち明ける相手ができれば、仕事が辛い気持ちも少しは楽になるでしょう。

周囲に悩みを話せる人がいないか、もう一度見渡してみるといいですよ。

あるいは、仕事の悩みを相談できるサービスを利用するという方法もあります。

4.趣味などのストレス解消法を見つける

あなたは、日頃どうやってストレスを解消しているでしょうか。
もし思いつかないなら、ストレスを解消できる方法を見つけましょう

たとえば、ガーデニングやスポーツなどの趣味を持つことは、ストレス解消法として効果的です。

日記を書いたり、カフェで読書をしたりすることもリラックスできて良いでしょう。

趣味に夢中になっている間は、仕事のことを忘れて楽しい時間を過ごせます

ストレス解消法は人によってそれぞれです。
自分にあった方法を見つけることが大切ですよ。

5.カウンセリングを受ける

仕事が辛いときは、カウンセリングを受けることもおすすめです。

「カウンセリングは敷居が高い」と感じて気が引けるかもしれません。

しかしカウンセリングを実際に受けてみると、仕事の悩みをしっかり聞いてもらえて安心できます。

さらに他人に話すことで自分が辛く感じていることや、なにに不満を持っているのかを自覚しやすくなるのです。

カウンセラーは仕事に悩む人の話を聞くことにも慣れているので、「こんな話しても大丈夫かな」という心配なく話せますよ。

6.仕事に対する姿勢やマインドセットを変える

仕事に対する姿勢やマインドセットを変えることも。ひとつの対処法です。

「仕事が辛い」と感じている原因がわかれば、姿勢やマインドセットを変えることで解決する場合もあります。

たとえば、「社風が合わなくて辛い」と感じていたことを「もっと働きやすい会社に変えたい」という姿勢で考えることで、前向きに行動できるでしょう。

辛いと感じていることについて、原因を突き止めて自分自身が変われば、解決できる問題もあるのです。

自分の姿勢が変われば、周囲を変えられる可能性もあります。
生活を振り返って、自分の姿勢や物事の捉え方を考え直してみましょう。

仕事が辛いと感じたときにやってはいけないこと5選

仕事が辛いと感じたときにやってはいけないことのイメージ

仕事が辛いと感じたときにやってほしい対処法をご紹介しました。
自分に合った方法を見つけたいですね。

しかし、やったほうがいい対処法の一方で、やってはいけないこともあります。

「仕事が辛い」という気持ちでいると、安易な行動をしてしまいがち。

仕事が辛くても、自分が余計に辛くなる行動をしては悪循環になってしまいます。

ここからは、仕事が辛いと感じたときにやってはいけないことをお伝えしましょう。

  1. 突発的に退職する
  2. 無断欠勤
  3. 我慢して仕事を続ける
  4. ネガティブな言動
  5. 八つ当たり

それでは説明していきます。

1.突発的に退職する

「仕事が辛い」という気持ちから、突発的に退職することはやめましょう

準備もしないまま辞めてしまっては、次の職場でも同じことを繰り返す可能性があります

気持ちが追い詰められていると、衝動的な行動をしてしまいがちです。

しかし、仕事を辞めるときは十分に考えて準備をする必要があります。

勢いで辞めて、あとから後悔するのでは遅いのです。
思い立ってすぐにやめることは、自分のためにもしないほうがいいでしょう。

2.無断欠勤

「仕事が辛くて行きたくない」という気持ちはあるかもしれません。
しかし、無断欠勤はやってはいけないことです。

会社になんの連絡もなく欠勤してしまうと、周囲に大きな迷惑をかけてしまいます。

無断欠勤が続くと、解雇になる可能性も出てくるでしょう。

なにより、無断欠勤をすることであなた自身が周囲から良く思われず、ますます辛い思いをすることになります。

どうしても仕事に行きたくないときは、きちんと連絡を入れて休みましょう

3.我慢して仕事を続ける

本当に仕事が辛いなら、我慢して続けることもやめたほうがいいです。

無理して仕事を続けていると、心身への負担から病気になってしまいます

しっかり準備をすれば、仕事を辞めることは自分のためになる前向きな選択です。

辛い仕事に耐え続けて身も心もボロボロになってしまう前に、行動を起こしましょう。

我慢し続けることだけが仕事ではありません。
自分の人生のためにも、状況を変えることが大切です。

4.ネガティブな言動

仕事が辛くても、ネガティブな言動は控えましょう

仕事で辛い思いをしていると、つい愚痴を言ってしまうかもしれません。

ネガティブな言動をすると、多少気持ちがスッキリするものです。

しかし、ネガティブな言動は自分自身の心に悪影響を与えます。
また、周囲の印象も悪くしてしまいます。

結果としてネガティブな言動は、自分のためにはならないのです。

5.八つ当たり

周囲への八つ当たりも、やってはいけないことです。

職場の相手に八つ当たりをすると、相手はあなたに良くない印象を持ち、その後の人間関係に悪影響を与えます。

家族や友人であっても、相手を傷つけて迷惑をかける行為です。

さらに八つ当たりをしたところで根本的な解決にはならず、むしろ状況を悪化させてしまいます

仕事が辛い状況を変えたいなら、安易な八つ当たりはしないほうが賢明です。

辛い仕事を辞めて新しい職場へ行くためにやるべき3つの準備

辛い仕事を辞めて新しい職場へ行くためにやるべき準備のイメージ

「仕事が辛い」ことを我慢せず、新しい環境に進むことを選ぶ人もいるかもしれません。

辛い仕事を辞めて転職することは、前向きな選択です。
自信を持って行動を起こしましょう。

仕事を辞めて新しい仕事を見つけるには、しっかりとした準備が必要です。
準備が不十分だと次の職場でも「仕事が辛い」となる可能性があります。

せっかく新しい仕事になるなら、あなたに合った希望の環境を選べるよう準備を進めましょう

ここでは、辛い仕事を辞めて新しい職場へ行くためにやるべき3つの準備をお伝えします。

  1. 辞めたい理由を明確にする
  2. 自身のスキルアップ
  3. 転職エージェントへの登録

それでは見ていきましょう。

1.辞めたい理由を明確にする

仕事を辞めるときには、「なぜ辞めたいのか?」を明確にしましょう。

辞めたい理由を明確にすることで、次の職場をどう選ぶべきかがわかります

たとえば、実力や結果を評価されないことが辛くて辞めるなら、次は実力や結果を重視する評価制度の会社を選べばいいと判断できるでしょう。

また、仕事を辞める理由は就職活動の面接でも聞かれます。
しっかり説明できるように、準備しておかなければなりません。

自分がいまの仕事をなぜ辞めたいと思ったのか、十分に考えをまとめておきましょう。

2.自身のスキルアップ

新しい仕事に転職するには、スキルがあると就職活動で評価されやすくなり安心です。

早いうちから、自身のスキルアップを意識して行動しましょう。

スキルアップの方法には、独学や研修制度の利用などがありますが、転職サポートのあるスクールを活用すると効率的です。

スクールではスキルアップと同時に転職サポートを受けられ、転職成功率を高められます

転職活動で有利になりやすい、プログラミングスキルなどを身につけるのがおすすめですよ。

3.転職エージェントへの登録

いまの仕事を続けながら仕事を探すなら、転職エージェントに登録しましょう

忙しいなかで、転職活動をすすめるのは大変ですよね。
転職エージェントは、あなたの転職活動を効率的にしてくれます

たとえば、面接の日程調整や履歴書作成など、手間のかかる業務を代行してもらえるのです。

さらに仕事探しでは、あなたを客観的に評価して希望に合った仕事を紹介してくれますよ。

退職や転職について不安なことも気軽に相談できるので、心強い味方になるでしょう。

まとめ:辛い仕事からは逃げてもいい。しっかりと準備して次の職場を探そう

今回は、仕事が辛い原因と対処法についてお伝えしました。

仕事が辛いと感じることは、おかしいことでもなんでもありません。
心身のサインを見過ごさず、早めの対処を心がけましょう

仕事が辛い原因にしっかり対処できれば、これまで以上に前向きに仕事に取り組めるようになりますよ

また、自分自身が本当に辛いと感じているなら、環境を変えることも一つの道です。

あなたが生き生きと働けるよう、十分な準備をして次のステップに進んでくださいね。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5