仕事をしたくないと思う7つの理由を解説。心と身体からのサインや改善策7選も紹介 | WEBCAMP NAVI
【10月の受講枠も残りわずか】

仕事をしたくないと思う7つの理由を解説。心と身体からのサインや改善策7選も紹介

仕事 したくない イラスト

毎日が職場と家の往復で、仕事が憂鬱になることがあるのではないでしょうか。

仕事が嫌だと感じている人は、意外に多いです。

そこまで追い詰められている自覚はなくとも、

「もう嫌だ、仕事したくない」
「仕事したくないけどしなきゃいけないのがつらい」

と思ってしまうことはあります。

したくないと思いながらしなければならないのは、精神的にも大きな負担ですよね。

そこで今回は、

  • 仕事をしたくないと思う理由
  • 仕事をしたくない人の特徴
  • 仕事をしたくないときの心と身体のサイン
  • 仕事をしたくないときの改善策

などについてご紹介します。

この記事を読めば、仕事をしたくないという気持ちに適切に対処できるようになりますよ。

「仕事したくないと感じながら毎日働いている」という状況の方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事をしたくないと思う7つの理由

仕事をしたくないと思うイメージ

そもそも、なぜ「仕事したくない」と思うようになるのでしょうか。

そこにはいくつかの理由があります。
仕事では、あらゆる悩みや不満が生まれるものです。

仕事で抱える不満が大きくなるほど、仕事をするのがつらくなり、「仕事したくない」という気持ちにつながります。

ここでは、具体的にどんな理由から「仕事したくない」と思うようになるかをご紹介しましょう。

ご紹介する内容は次のとおりです。

  1. 上司や同僚との人間関係の不満
  2. 労働条件や環境への不満
  3. 仕事内容への不満
  4. 給料への不満
  5. 経営方針や評価制度への不満
  6. キャリアアップができない不満
  7. 労働意欲がなくなった

それではさっそく見ていきます。

1.上司や同僚との人間関係に不満がある

仕事では、さまざまな人間関係のなかで業務を進めますよね。
そんななか、上司や同僚との人間関係に不満を持って「仕事したくない」と感じることがあります。

上司や同僚は、仕事をする上でも特に関わりの深い相手です。
人間関係に問題があると、仕事にも支障が出るでしょう。

たとえば、「上司が理不尽な言い分を押し付けてくる」「噂好きの同僚が仕事に関係ないことを言いふらす」などは、不満を感じるのではないでしょうか。

しかし、人間関係の不満から関わりを避けては、仕事上必要な情報共有ができません。

人間関係に不満を感じながら一緒に仕事をすることは大きなストレスとなり、「仕事をしたくない」という気持ちにつながります。

2.労働条件や環境が悪い

労働条件や環境は必ずしも理想のものではないでしょう。
不満が溜まることで「仕事したくない」と思うようになります。

たとえば、残業や休日出勤が多くて自分のプライベートの時間がとれない労働環境は、疲労やストレスが溜まりますよね。

ほかにも、次のような労働条件や環境への不満が挙げられるでしょう。

  • 有給休暇がとりにくい
  • 福利厚生が受けにくい
  • 仕事量が多い
  • 職場環境の設備が古い
  • 風通しが良くない

労働条件や環境への不満は、小さくても積もり積もって後々に大変な思いをすることもあります。

疲労やストレスの蓄積が理由となり、「仕事したくない」という気持ちにつながるでしょう。

3.仕事内容が合っていない

自分が希望している仕事内容につけなかった、ということはよくあります。
しかし、仕事内容が合っていないと、「仕事したくない」と思うようになることも。

特に、仕事内容が自分の苦手分野ややりたくないことだと、精神的な負担は重くなります。

たとえば「人と関わるのが苦手だから事務仕事が良い」と考えているのに営業職になったら、仕事が嫌だと感じてしまうかもしれません。

仕事ではどんな内容を担当するかで、仕事のやりがいや楽しさは変わります。

仕事内容の不満が、仕事自体を「したくない」と思う原因になりかねないのです。

4.給料が安い

仕事をする上で、大きなモチベーションのひとつが給料ですよね。
しかし、給料に不満があると「仕事したくない」と感じてしまうことがあります。

「自分の働きに見合った給料を受け取りたい」と思うのは自然なことです。

しかし、実際は「あんなに働いたのに、これしかもらえないのか」と給与明細を見てショックを受けることもあるでしょう。

さらに同年代の収入を知ることで、「自分の給料は低いのではないか」と気づくこともあります。

給料に不満があると、仕事をするモチベーションが失われて「仕事したくない」と思うのも無理はありません。

5.経営方針や評価制度への不満がある

会社の経営方針や評価制度に不満を持つことで「仕事したくない」と思うケースも多いです。

自分は成果を出しているのに、適正な評価を受けられていないと感じると、やりきれない気持ちになるでしょう。

たとえば、自分の頭で考えて工夫して成果を出したのに、「上司の指示通りの働きをしなかった」という理由で評価されないという状況があるかもしれません。

経営方針や評価制度への不満は、自分の思うように働けず「仕事したくない」という考えにつながります

6.キャリアアップができない

現在の仕事で働き続けたとして、将来キャリアアップすることはできるでしょうか。
キャリアアップができないと不満が溜まり、「仕事したくない」と思います

人生にはさまざまなタイミングで大きな出費がありますよね。
結婚や出産、病気やケガ、子どもの教育や親の介護などに備えなければなりません。

また、時代によって仕事は変化していくものです。
いまある仕事が10年後もあるとは限らないでしょう。

そんな状況のなか、一生いまと同じ仕事と給料では無理があるはずです。
給料もポジションもアップしていきたい気持ちがあるでしょう。

キャリアアップできなければ、将来に大きな不安が生まれます
「このままではだめだ」という気持ちから、「仕事したくない」と思うようになるのです。

7.労働意欲がなくなった

やりがいや達成感を感じられていないなどの理由から、労働意欲が失われていくことがあります。

労働意欲とは、「仕事したい」「仕事を頑張りたい」という働くことへの意欲のことです。

労働意欲がなくなると、仕事は「やりたいこと」から「やらなければならないこと」となります。

やりたくないのにやらなければならないのは、つらいものですよね。

仕事への労働意欲がなくなることで、「仕事したくない」と感じるようになります。

仕事をしたくない人の特徴7つ

仕事をしたくない人の特徴のイメージ

「仕事をしたくない」と思う理由をお伝えしました。
仕事におけるあらゆる状況から不満を抱えて、仕事への意欲が失われていることがわかります。

では、あらゆる不満や悩みを抱える人のなかでも、「仕事したくない」と思うようになる人には、どんな特徴があるのでしょう。

「仕事をしたくない」という人の特徴を知ると、傾向が見えてきます。

ここでは、仕事したくない人の特徴を7つご紹介しましょう。

ご紹介する内容は次のとおりです。

  1. 人と関わるのが苦手
  2. 朝起きるのが苦手
  3. お金を稼ぐ意識が薄い
  4. 目標がない
  5. ネガティブ思考
  6. 常に疲れている
  7. 睡眠不足・栄養不足

ひとつずつ見ていきます。

1.人と関わるのが苦手

仕事をしたくない人には、人と関わるのが苦手という特徴があります。

特に人間関係に苦手意識や問題を抱えていることが原因で、「仕事をしたくない」と思うようになっているケースも多いです。

ほとんどの仕事では、人間関係を避けて仕事をすることはできません。
上司や後輩など、周囲と協力し合いながら仕事を進める必要があります。

人と関わるのが苦手な人は、仕事をすること自体に困難を感じやすいのです。

苦手なことが常につきまとうので、心身の負担が大きくなると「仕事したくない」と思ってしまいます。

2.朝起きるのが苦手

朝が苦手だと、仕事のために早く起きるのがつらいと感じますよね。
必ず朝起きなければならないことから、「仕事したくない」と感じる人もいるのです。

仕事したくない人の特徴に、朝起きるのが苦手なことが挙げられます。

朝起きるのが苦手だと、「朝はもっとゆっくり寝ていたい」「好きな時間に起きて仕事できればいいのに」と考えることもあるでしょう。

しかし、会社が柔軟な働き方を取り入れていない限り、朝は決まった時間に出社しなければなりません

毎朝起きるのが苦痛になり、「仕事したくない」と感じるようになってしまいます。

3.お金を稼ぐ意識が薄い

「仕事したくない」という人には、お金を稼ぐ意識が薄いことも特徴的です。
お金よりも、自分の働きやすさや自由な時間を求めています

仕事で何を重視するかは、人それぞれですよね。
高い給料を優先する人もいれば、ライフワークバランスを優先する人、仕事のやりがいを優先する人もいるでしょう。

「仕事したくない」という人は、どちらかと言えばお金を稼ぐという意識が強くありません

自分自身の充実や快適さをより求めていると言えます。

お金より自分の心地良さを重視しているので、仕事に不満を感じると「仕事したくない」と思いやすいのです。

4.目標がない

「仕事したくない」という人は、仕事に目標を持っていないことが多いです。
目標がないと目の前の仕事に意味が見出だせず、モチベーションが上がりません

たとえば、「残業せずに月収50万円」を目標としたら、いまからどんな行動をすれば良いのか考えるようになりますよね。

いま抱えている仕事への取り組み方や姿勢も変わるので、ただこなすだけではなくなります。

目標達成に向けて行動し、近づいている実感が持てればやりがいや達成感を感じられるでしょう。

しかし、目標がなければ目の前の仕事に意味を感じにくいので、「仕事したくない」と思ってしまいます。

5.ネガティブ思考

物事に対してネガティブ思考なのも「仕事したくない」という人の特徴です。
あらゆることを後ろ向きに捉えてしまい、気持ちが落ちてしまいます

ネガティブ思考は仕事にも影響を与えます。
「できないかも」「うまくいかないかも」と考えてばかりいると、成功が遠のきます。

また、自分に自信が持てないので、積極的に行動したり挑戦したりできません。

ネガティブ思考が停滞やミスを生み、悪循環を引き寄せてしまう原因にもなります

悪循環によってミスや失敗が続くと、ますます「仕事したくない」と思うようになるでしょう。

6.常に疲れている

疲れが溜まっていると、仕事への意欲は湧きません
「仕事ができない」という人の特徴には、常に疲れていることが挙げられます。

仕事の時間が長引いて自分の時間をしっかり取れていなかったり、プライベートでリフレッシュできていなかったりすると、十分に疲れが癒えません。

疲れが残ったまま仕事をすることで、ますます疲れが溜まります
また、疲れた状態で取り組む仕事は効率が悪く、ミスもしがちです。

疲労やミスから気分が下がってしまい、「仕事したくない」と考えてしまうようになります。

疲れを十分にとれないことから、仕事が嫌になっている状態です。

7.睡眠不足・栄養不足

睡眠や栄養が足りていないことも、「仕事したくない」という人に特徴的です。

睡眠不足や栄養不足の状態では、自分のパフォーマンスを十分に発揮できません

つまり、仕事で自分の最大限の力を出せないのです。
これでは思うように仕事が進まず、もどかしい気持ちになりますよね。

睡眠不足だと、眠気から仕事に集中するのが難しくなります。
また栄養不足では、頭の回転が悪くなってしまうでしょう。

本調子で仕事ができず、成果につながらないことで「仕事したくない」と感じます

仕事をしたくないときに現れる5つの心と身体からのサイン

仕事をしたくない時に現れる5つの心と身体からのサイン

仕事したくない人の特徴をお伝えしました。
仕事のなかに苦手意識があることや、目的意識の低さ、体調面の問題がありましたね。

このような問題を抱えて、「仕事したくない」と思いながら仕事を続けることは、かなり負担がかかります

仕事をしたくないのにしている状態が続いていると、心と身体にサインが現れることも。

ここでは、仕事をしたくないときに心と身体にどんなサインが現れるのかをご紹介します。

サインを知ることで、自分の心や身体からのSOSをきちんとキャッチできるようにしておきましょう。

  1. 時間ギリギリまで動き出せない
  2. 出勤準備にも気合が入らず適当になる
  3. 仕事にやりがいを感じない
  4. 休んでも疲れがとれない
  5. 出勤前などに体調不良が起こる

それでは見ていきます。

1.時間ギリギリまで動き出せない

仕事をしたくないと感じているときは、時間ギリギリまで動き出せません。
やる気が起きず、身体が動けるようになるまでに時間がかかるのです。

しかし、仕事から逃げられないことも頭では理解しています。
時間ギリギリになって気持ちを奮い立たせることで、ようやく動き出せるのです。

  • 身体がいつもより重い
  • 仕事のことを考えると動けなくなる
  • 時間ギリギリにならないと行動できない

上記のような症状は、「仕事したくない」と感じて身体がストレスを感じているサイン。

「自分は怠け者なのではないか」などと思わずに、サインをしっかりキャッチしましょう。

2.出勤準備にも気合が入らず適当になる

「準備に気合が入らず、万全の状態で出勤できない」というときは要注意です。
心身に負担がかかっていることで、これ以上頑張れない状態になっています。

出勤時に次のことが当てはまる場合、心身のサインとして捉えましょう。

  • 身だしなみが適当
  • 仕事に必要な準備が十分にできていない
  • 時間に余裕がなく慌てて家を出る
  • 連絡することを面倒に感じる

衣服にシワがないか、忘れ物はないかなどをチェックしていくと、意外とできていない部分が見つかります。

そのぶんだけ、心の余裕がなくなっている証拠です。

大したことないと見過ごさず、適切な対処をおこないましょう。

3.仕事にやりがいを感じない

以前に比べて仕事にやりがいを感じなくなったら、「仕事をしたくない」と感じている心身のサインかもしれません。

やりがいを感じることは、仕事に充実感を持って取り組むために大切なことです。

しかし、心身への負担が大きすぎると、やりがいより大変さが上回ってしまいます

ほかにも、次のようなことがないかチェックしましょう。

  • 仕事を楽しいと思わなくなった
  • 仕事への興味関心が薄れた
  • 仕事のことを考えると気持ちが冷める

もし心当たりがあるなら、一度ゆっくり休んだほうが良いかもしれません。

「仕事をしたくない」という気持ちのまま続けていては、どんどん仕事から気持ちが離れてしまいます。

身体からのサインを受け止め、必要な休息をとりましょう。

4.休んでも疲れがとれない

「休んでも疲れがとれた気がしない」と感じることはないでしょうか。
疲労感がとれない感覚も「仕事したくない」という気持ちから生じるサインです。

このとき身体は休めたつもりでも、頭が仕事のことから離れずに休めていないことがあります。

つい仕事のことを考えてしまっていて、リフレッシュできていないのです。

休むときには肉体的にも精神的にも仕事から開放されて、ゆったりと過ごすことが大切です。

しかし、「仕事したくない」気持ちを抱えていると、どうしても仕事を意識してしまい、十分に休めません

5.出勤前などに体調不良が起こる

仕事に出かけようとするときに限って、頭痛や腹痛になることはないでしょうか。
出勤前に体調不良が起こるのも、仕事にストレスを感じているサインです。

出勤しようとすると身体が無意識に拒否反応を起こして、頭痛や腹痛を引き起こします。

これらの体調不良は精神的なものなので、病院に行っても原因が見つかりません。

仕事に行こうとするタイミングで起こる症状なので、自覚しやすいサインとも言えますね。

仕事を意識したときに体調不良が起こるようなら、「仕事したくない」という気持ちの現われとして素直に受け止めましょう。

仕事をしたくないときの改善策7選

仕事をしたくない時の改善策のイメージ

仕事をしたくないときの心と身体のサインをお伝えしました。
サインを見過ごさず、しっかり対処することが大切ですね。

さて、仕事したくないときには、どんなことをすればいいのでしょうか

仕事をしたくないときは、その気持ちに向き合う必要があります。

思考停止して仕事をしていると逆効果なので、これからご紹介する改善策を試してみてくださいね。

ここでは、仕事をしたくないときの改善策を7つご紹介します。

  1. 仕事したくない理由を整理する
  2. 信頼できる人に相談する
  3. 目的や目標を設定する
  4. 運動をする
  5. プライベートの時間を楽しむ
  6. 思い切って休む
  7. 転職を検討する

順番に確認していきましょう。

1.仕事したくない理由を整理する

まずは、自分がなぜ「仕事したくない」と感じているのか、理由を整理してみましょう

紙とペンを使って思いつくことをどんどん書いていくと、頭の中がすっきりしていきますよ。

仕事したくない理由はひとつとは限りません。
思いつく限り書き出して、客観的に見直します。

何が自分の心身に大きな負担をかけているのかがはっきりわかるだけでも、気持ちが楽になりますよ。

余裕があれば、仕事したくない理由ごとに対策を考えてみてもいいでしょう。

2.信頼できる人に相談する

「仕事したくない」と悩んでいるなら、信頼できる人に相談することも改善法のひとつです。

悩みごとは自分だけで抱えているより、誰かに話したほうが気が楽になります。

また、話してみると意外と相手も「仕事したくない」と思っていたり、共感してくれたりすることは少なくないのです。

信頼できる人は親でも、友達でも、職場の同僚でも問題ありません。
話しやすいと感じる相手に、自分の悩みを話してみてください。

信頼できる相手なら、あなたの「仕事したくない」も真摯に受け止めてくれるでしょう。

3.目的や目標を設定する

仕事に取り組むときには、目的や目標を設定しましょう。
目的や目標を設定すると、目の前の仕事に意味を見出だせます

何のためにその仕事をしているのか見えていない状態では、仕事はただこなさなければならないものです。

しかし、目的や目標を設定すれば、その達成に近づくために意味のあるものと見方が変わります。

仕事をすることにやりがいや達成感を感じ、充実感を持って取り組めるようになるでしょう。

すると「仕事したくない」という状態から抜け出せるかもしれません。

4.運動をする

運動して身体を動かすことで、気分をリフレッシュできます
ストレス発散になるので、仕事にも前向きに取り組みやすいですよ。

社会人になると、日常的に運動をする機会は少ないのではないでしょうか。

運動で身体を動かすと血行が良くなり、汗をかくので体内の循環が良くなります。

身体の調子が良くなると気持ちにも影響し、気分が前向きになるのです。
前向きな思考なら「仕事したくない」という気持ちも軽くなるでしょう。

筋トレやスポーツ、ヨガなど、自分に合った運動を週に2〜3日程度取り入れると効果的ですよ。

5.プライベートの時間を楽しむ

仕事の後や休日は自分の時間をどのように過ごしているでしょうか。
プライベートでは、充実した時間を過すことが大切です。

プライベートの時間を楽しむようにすると、「仕事したくない」という気持ちばかりの状態ではなくなります

楽しんでいる間は、仕事のことを考えずにいられますよね。
満足感や充実感を感じられると、気持ちに余裕ができます

メリハリがつくことで、「自分の時間は楽しみ、仕事は頑張ろう」と思えるかもしれません。

仕事への意識を変えるには、仕事以外の時間の過ごし方も工夫してみると良いですよ。

6.思い切って休む

仕事したくないときは、思い切って休むことも改善法になります。
しっかり休むことで、自分が良い状態で仕事をするために調子を整えるという効果があるからです。

「仕事したくない」という気持ちは、それ自体が心身のサインと言えます。

休んでいる間は、仕事のことを考えたりせずにリラックスして過ごすと良いでしょう。
仕事のことを考えると気持ちが休まりません。

また休むときには、事前にきちんと連絡をいれることが大切です。
前もって連絡することで、仕事への影響を最小限に抑えられますよ。

「仕事したくない」という状態では仕事のパフォーマンスは下がるもの。
自分のためにも会社のためにも、一度休んで回復しましょう。

7.転職を検討する

どうしても「仕事したくない」という気持ちが強いなら、転職を検討しましょう。
環境が変わることで、仕事したくない問題が解決できる可能性もあります。

職場や仕事内容を変えて解決できる悩みなら、転職は有効な改善法です。

特に「給料が安い」「キャリアアップできない」などの悩みは、同じ会社にい続けてもなかなか解決できません。

自分がなぜ「仕事したくない」と感じているのかが明確で、転職によって解決すると判断できるなら、転職に向けて行動を始めるといいでしょう。

ただし、理由を明確にせず安易に転職を選んでは、同じ問題を繰り返す可能性があるので注意が必要です。

仕事を休むときの連絡メール例文

仕事を休む時の連絡メールのイメージ

仕事したくないときの改善策をお伝えしました。
仕事をしたくないときは落ち着いて考えたり、気持ちをリフレッシュさせたりするのが効果的です。

なかでも、仕事を休むことで自分の時間を持つことができ、ゆっくり考えを整理したり、好きなことをして過ごしたりできます。

しかし仕事を休むのはなかなか勇気がいることですよね。
「仕事したくない」という気持ちでは、どう連絡すればいいか悩むでしょう。

ここでは、仕事を休むときのメールの例文をご紹介します。

【件名】体調不良による欠勤のご連絡

◯◯部長

おはようございます。
◯◯です。

今朝から体調が悪いため、大変申し訳ありませんが本日は欠勤いたします。

本日対応が必要な案件は、先方に連絡済みです。
また、◯◯の件は△△さんにフォローをお願いしようと思います。

メールは確認できる状態にしておりますので、緊急の確認事項などがありましたらご連絡ください。

突然の欠勤でご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。

◯◯

「仕事をしたくない」というときは、体調不良などを理由に欠勤の連絡をすると良いですよ。

実際に心身に不調が出ているなら、より伝えやすいでしょう。

また、仕事を休むメールを送るときには、いくつかポイントがあります。

  • 遅くとも始業時間までに直属の上司に連絡する
  • 件名は欠席の連絡とわかるようにする
  • 体調不良などの理由を伝える
  • 抱えている仕事への対応を伝える
  • 突然の休みに対するお詫びの気持ちを伝える

欠勤は周囲にも影響を与えるものです。
早めに連絡し、できる限りの対応をして影響を最小限にするよう配慮しましょう。

急に休むことについて申し訳ない気持ちを伝えることで、誠実さが伝わります。

仕事への影響を考えて十分に配慮して連絡すれば、仕事を休むことを後ろめたく思う必要はありません

きちんと連絡を入れた上で、しっかりと自分を休めましょう。

まとめ:守るべきは自分自身。休みたいと感じたらまずは連絡を

今回は、仕事したくないという気持ちになったときの改善策をお伝えしました。

「仕事したくない」という気持ちは、自分自身の正直なものです。
自分の心や身体を守るために、さまざまなサインが出ることもあるでしょう。

そんなときは、無理せずに適切に対処することが自分のためになりますよ

「仕事したくない」なら思い切って休むのも、ひとつの効果的な方法です。

職場にきちんと連絡をした上で、自分の時間を作りましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点